投資用マンションの基礎知識とコツ

3月 4th, 2015 12:00 AM

私も投資用マンションを持ちたいと思っていました。
そこで投資用マンションの基礎知識とコツについていろいろ調べてみました。

投資用マンションを購入する場合、自己資金が少ないとキャッシュ・フロー的な利益が厳しくなるという現実があります。
投資用マンションを購入して、賃貸経営を成功させるコツというのはどうったものなのでしょうか?

ワンルームマンションを購入して、賃貸経営をする場合のメリットとしては、まず購入費用が比較的少なくて済むということがあげられます。
しかし、ワンルームマンションだと家賃設定が低くなり、ローンを組んだ場合どうしても利益が少なくなってしまいます。

とは言えファミリータイプのマンションであれば、ある程度の頭金および諸費用が必要になるので、条件を満たさない人には敷居の高いものになってしまいます。

しかし、平成24年度の日本人の平均年収は408万円である事から、ほとんどの方が投資用マンションの賃貸経営を始められると言ってもいいと思います。
平均近い収入のある人はファミリータイプの投資用マンションを購入する事も可能です。

次に、どういった物件を選べば良いのでしょうか?
しっかりと入居者を決めるにもは、駅からの距離、生活に必要なスーパーやコンビニ、学校、病院などが近くにあるかどうかが重要になってきます。
また、設備も最新で人気のあるものが揃っているか、準備しなければいけないならいくらくらいで購入出来るかなどいろいろと物件探しの段階で検討しなければいけません。

投資用マンションのことなら以下がおすすめです。
マンション投資を始める前に読んでおきたいコンテンツはこちら

老後の生活にゆとりをつくる賃貸経営

1月 24th, 2015 12:00 AM

少子高齢化が進むようになってから、日本では公的年金支給額が減ってしまうようになるといわれています。これでは、老後の生活にゆとりが持てなくなるそうです。さらに、年金不安は、さらに高まるようになっているため、公的年金の支給年齢が上がるようになるといわれています。

このような状態では、老後は大変な状態となるため、将来の生活資金を自分で作るといったことが行われるようになっています。

今まで生活資金づくりとして、銀行預金や株への購入が行われてきましたが、景気があまりよくない日本では、低金利、株価不安定といった状況となっています。これでは、満足できるような資金づくりができないため、最近は、不動産投資への関心が高まるようになっています。

不動産投資では、バブル期、売買によって資産形成を行なうといったことが行われてきましたが、いまこのような方法では、リスクが高く利益が期待できないため、建物を賃貸して収益を上げる賃貸経営で利益を上げる方法が行われるようになっています。

賃貸経営では、主にマンションなどを買って賃貸を行ない、家賃収入を得るといった方法が見られるようになっています。この方法では、安定した収益が得られるため、今後、老後の生活にゆとりをつくる方法として活用されるようになっています。

今の不動産投資の主流

1月 9th, 2015 12:00 AM

マンション経営というのは一種の投資方法としてよく利用されています。

少なくとも国内における不動産投資というのは殆どがこういったマンション経営などによって行なわれているものだと考えて頂いて良いでしょう。かつて国内の不動産投資というのは安い時に購入して高くなった時に売却するといういわゆる転売型投資というのがポピュラーに行なわれていたのですが、現在、正確にはバブル崩壊後においてはそのような方法でもって投資を成功させることは難しくなりました。不動産の価格というのが時間とともに下がるものになってしまったためです。

そういった状況において不動産投資で利益を得るためには、継続的に利益を得られる方法を選択する他ありません。その結果行なわれるようになっているのが賃貸経営というスタイルということになります。ただ、そう言うと自分は投資については知識があっても、経営については知識がない、というように思われる人が多いのではないでしょうか。

とはいえ、投資家が自分自身で経営を全て行わなければならないわけではありません。管理会社などに必要な部分は委託することによって、自分の負担を小さくしながら行っていける方法というのはいくらでも存在しています。

第4の資産と呼ばれるヘッジファンド

12月 7th, 2014 12:00 AM

投資の基本として分散投資が挙げられます。分散投資の王道としては不動産、株式、債券を分けて持つことと言われていました。

オルタナティブ投資という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、オルタナティブ投資はこれまでの不動産、株式、債券に加え、第4の資産を含めた分散投資のことを言います。その中の1つにヘッジファンドがあります。
ヘッジファンドは相場の値動きが上昇していようが、下落していようが、市場の平均値よりも上の数値を目指す絶対収益という考え方の投資になります。これまでは市場指標のベンチマークと比較する相対的収益で評価されていましたが、ヘッジファンドにおいてはその考え方ではなく、どのような相場であっても収益を上げることだけが求められます。

ヘッジファンドのメリットとしては市場の動きよりもさらに上の数値を目指す訳ですので、日によってはずば抜けた数値が期待できることです。しかし、デメリットとして、運用方法が非常に高度で一般の方では理解することが難しい、ということです。
ファンドマネージャーに全てを託すしかありませんので、場合によってはよくわからないまま負けてしまった、ということも考えられます。

ヘッジファンドの取引手法については以下のコラムが詳しいです。
ヘッジファンドについてどこよりも詳しく解説!
最新の情報が掲載されています。

かしこく貯めることができる貯蓄機能がついた保険

11月 18th, 2014 12:00 AM

万一のために生保険に加入するといった人は多くいます。生命保険に加入していると、もし病気やけがをしても、保険によって保障されるようになるため、安心できることでしょう。また、生命保険では、死亡保険金が受け取れる方法もあるため、家族のために、ほとんどの人は死亡保険に加入しているようです。

しかし、生命保険では、死亡保障がついている場合、年齢や種類によって保険料が高くなります。また、多くの人は、老後の生活資金や子供の教育費を貯蓄するといった人がたくさんいます。これでは、毎月の負担が多くなるため、これらを軽減する必要があるといわれています。

生命保険会社では、貯蓄機能が付いた保険があります。たとえば、貯蓄保険では、子供の教育費を蓄える学資保険、老後の生活費を蓄える養老保険などが代表的とされ、これらでは、積立によって貯蓄ができるだけでなく、保険保障があることが特徴となっています。

また、もし契約者がなくなっても満期で受け取れる満期金と同額の保険金が受け取れることから、貯蓄と保険による保障を兼ねた貯蓄保険の活用が期待されるようになっているのです。

さらに、この保険であるなら、保険料の支払いと貯蓄負担が軽減されるといったメリットがあります。

より的確な老後資金の確保のために

11月 15th, 2014 12:00 AM

個人年金の積立ての必要性が叫ばれるようになってどれぐらい経ったでしょうか?
恐らく今では多くの人が、老後の資金問題について考えているのではないかと思います。公的年金と退職金だけでは老後生活を送ることが難しいとなった時、足りない分を補填する方法を考える必要があります。その方法が、公的年金とは別の年金を積み立てる個人年金、というわけです。

しかし、実は一般的な個人年金保険だけではなく、より効果的な補填費用の積立て方法があります。それが、401kというものです。あるいは、確定拠出年金という名前で呼んだほうがわかりやすいでしょうか?

401k(確定拠出年金)というのは個人年金の一種ではありますが、一般的な個人年金保険とは大きな違いがあります。それは、運用指示について自分で行う必要がある、ということです。個人年金保険は保険料を支払うだけでその後の運用については保険会社が担当します。そして、その運用状況や、掛かったコストなどについてはブラックボックスとなってしまっており、契約者から見えてこないのです。
対して401k(確定拠出年金)では、自分で運用することになりますから、当然その状況は常にガラス張りです。より的確な老後への備えが可能になるでしょう。

確定拠出年金のシステムと普及

10月 26th, 2014 12:00 AM

確定拠出年金というものをご存知でしょうか。日本版401kと呼ばれることあります。このシステムというのは日本国内で導入されてからそれほど時間が経っていないために、利用者がまだまだそれほど多くはありません。そこでここでは、確定拠出年金がどういったシステムなのかを簡単に紹介していきたいと思います。

確定拠出年金というのは、相互扶助としての役割を持っている公的年金とは根本的に目的が違っています。確定拠出年金はあくまでも自分のための年金形成というものを目的としているために、他の要素によって影響を受けずに済むのです。
例えば公的年金であれば人口の状況や経済の状況によって受給額が大きく変わることになります。しかし、確定拠出年金ではあくまでも自分のための年金形成であるために、それらの影響をそれほど強く受けません。

かつ確定拠出年金の場合には公的年金に比べて積極的な運用を行っている場合が多いため、インフレによって相対的に価値が下がってしまうリスクが少ないということも挙げられます。ただし、確定拠出年金の利用には公的年金への加入と保険金の支払いが条件となっているので、あくまでも公的年金がベースとなっているということは理解しておく必要があります。

資産運用を始めるなら、目標を持とう!

10月 14th, 2014 12:00 AM

資産運用に興味がある人もいらっしゃるでしょう。老後にゆとりある生活を送り為に、今のうちから準備しておくと心配がありません。

では、資産運用を始める前に、どのようなことを知っておくべきなのでしょうか。

資産運用を始める場合、ポイントとなるのは「いくらまで資産を大きくするか」という目標数値です。

ただ闇雲に株を購入したり、FXをやったりなどではかなりハイリスクハイリターンの投資になってしまいます。資産運用のコツはいくら貯めるかを決めること、またリスクが少ない方法でコツコツと貯めることが大切です。

資産運用に向いている投資としては積立投資がオススメです。すぐに大きなリターンを得ることは出来ませんが、ゆっくりと時間をかけて運用すると大きな資産を作り出すことが出来ます。

投資商品は投資信託やEFTなどが人気です。ですが、こちらも闇雲に投資をするのではなく、老後にいくら必要なのか、またどれくらいの期間で運用するのかなどをはっきり決めることが大事です。

資産運用を始めるのであれば、目標を決めて始めるようにしましょう。その中でもリスクが少ない投資信託やEFTなどがおすすめです。どの会社で購入するかはしっかりと比較してから決めましょう。

読まなきゃ損する資産運用のお得情報はこちら